幼児教育はいつからがよいか

8月は終戦の日や原爆投下の日などがあり、日本では毎年戦争や平和について考えさせられるような特集がテレビ番組などで組まれます。

幼児教育はいつからがよいか

戦争についての教育と課題

8月は終戦の日や原爆投下の日などがあり、日本では毎年戦争や平和について考えさせられるような特集がテレビ番組などで組まれます。しかし、戦後生まれの人が多くなった今の時代に戦争のことについて関心を持ってテレビを見たり、平和について考える若者は多くないです。学校で教育を受けているにも関わらず、原爆投下の日や終戦の日さえも知らない人もいます。生きて証言をしてくれる戦争経験者の平均年齢は高くなっており、直接体験した人の話を聞ける貴重な時間は僅かしか残っていません。戦後日本は経済成長し、憲法もあるので戦争とは無縁な国だと考えている人もいるかもしれません。しかし、世界では紛争が起こっていますし、日本を取り巻く国の中にも危険を孕む国があります。日本も巻き込まれる可能性があるかもしれません。

戦争が悲惨だということは教育でもテレビの特集などでも理解できるはずです。もしも戦争が起こりそうな状況になった時、抑止する力にはなるかもしれません。しかし、巻き込まれた時などについても想定していなければなりません。政治について憲法の解釈や改正などを巡って議論になることがあります。時代に合わせた戦争や平和についての課題について考えさせるような教育も必要でしょう。

お薦めサイト

Copyright (C)2017幼児教育はいつからがよいか.All rights reserved.