幼児教育はいつからがよいか

ドイツにはマイスター教育というのがあります。

幼児教育はいつからがよいか

マイスター教育というのは

ドイツにはマイスター教育というのがあります。要するにマイスター、これは職人、という意味として理解しておいてよいです。そうした人達を作る教育制度です。簡単にいいますとかなり早い段階で、自分の将来の職業を決めてしまうわけです。そうすれば、効率的に学業をすることができるようになります。最低限の教養なんかはともかくとして、知識はその職業に偏向させることができます。これが効果的なのかどうか、というのは実は疑問視されているわけですが、それでも素晴らしい職人集団を生み出したことは確かであるといえます。だからこそ、人によっては、これを日本でも導入するべきである、ということもあります。しかし、それは基本的にはあまりお勧めできないことです。まず、あまりにも小さいときから将来の方向性を決めてしまうからです。それの変更が難しいことになります。

だからこそ、日本の教育制度は高等教育になるまでは、かなり幅広く、教育をさせることになっています。それが義務教育であり、9年間あります。しかし、大抵は高校もありますから、殆ど12年間みたいなものであり、それなりに長いです。但し、高校では専門性が高くなることもあります。それは仕方ないことです。

お薦めサイト

Copyright (C)2017幼児教育はいつからがよいか.All rights reserved.