幼児教育はいつからがよいか

コツコツと、子供の将来のためにお金を貯めていても、実際に子供が大学に行くときに、教育費が足りないということもあります。

幼児教育はいつからがよいか

奨学金と、教育ローンを利用する

コツコツと、子供の将来のためにお金を貯めていても、実際に子供が大学に行くときに、教育費が足りないということもあります。一人目の子供であれば、教育費が足りても、二人目、三人目になると、教育費が足りずに、奨学金や、教育ローンを利用する人もいます。奨学金といっても、たくさんあります。公的機関の奨学金や、民間の奨学金などがあります。奨学金は親が借りるのではなく、大学に進学をする学生本人が借ります。学生は収入がないので、経済的に、親が学費を支払うことができないが、向上心に富んでいるということが審査基準になります。そのため、しっかり学びたいという気持ちがあり、難関大学に進学をする場合は、審査に通りやすいです。

しかし、奨学金には、審査があり、中には、審査に通らないこともあります。そして、奨学金を申請するためには、色々な書類の提出が必要になるので、少し面倒です。奨学金は子供の借金になるので、卒業をしたら返済をしなければいけません。毎月1万や2万程度のお金を10年くらいに渡って返済していかなければいけないです。もう一つの教育ローンは、奨学金を借りることができなかったときに利用する人がいます。教育ローンの中でも、金利が低い国の教育ローンを利用する人が多いです。奨学金との違いは、子供が卒業後返済するのではなく、親が返済していきます。

お薦めサイト

Copyright (C)2017幼児教育はいつからがよいか.All rights reserved.