幼児教育はいつからがよいか

子供の将来のために、教育資金を貯めている親は多いです。

幼児教育はいつからがよいか

教育資金の貯め方とは

子供の将来のために、教育資金を貯めている親は多いです。子供の教育資金がどのくらいかかるのか、子供が小さい頃には分からないですが、将来の子供が大学に進学をしたいと言った時に慌てないように、子供が小さい頃から貯めておくことが大事です。小中高と、公立中心に進学をする場合、一番お金がかかるようになるのは、高校を卒業した後、大学や専門などに進学をする時です。大学の場合は、私立か、国公立かによって学費が全然違います。私立だと、国公立に比べて倍以上の学費がかかることが多いです。しかも、一人暮らしをする場合は、家賃や光熱費などの仕送りも必要になります。

私立の大学の学費を全て貯金できていれば一番いいですが、もしそこまで貯金できなくても、奨学金などである程度補えば、支払うことができるくらいは貯めておくようにしましょう。定期預金で貯める方法もありますが、学資保険に加入をしておくと、返戻率が高いです。子供が生まれてから毎月学資保険の保険料を支払うと、満期になった時に、お金を受け取ることができます。満期は高校を卒業する18歳にしている人が多いです。定期預金と比べて簡単に解約できないため、強制力があり、貯金が苦手な人でも教育資金を貯めることができます。

お薦めサイト

Copyright (C)2017幼児教育はいつからがよいか.All rights reserved.