幼児教育はいつからがよいか

人間は向上したいという欲望があり、今以上の状態に常にありたいと無意識的にも意識的にも願っていることは間違いないということになります。

幼児教育はいつからがよいか

教育と向上という欲望

人間は向上したいという欲望があり、今以上の状態に常にありたいと無意識的にも意識的にも願っていることは間違いないということになります。そのためにより願う状態になれるように教育ということがありますが、その場合に、自分でそうなることを願うよりも、望ましい姿にしようという他者がいるということになります。それが国家であったり、家族であったり、その他その人が利益を得るような人であったりします。しかし今のままでは、それは無理なので、そのような状態まで引き上げるために教育があるということになります。日本の場合にはそうではなく義務教育というように、義務で強制的にそうなっているので教育を施すというニュアンスが出てきます。

しかしそれが本当の教育かというと、関係者すべてが幸せになれるようなものではないということもわかりますので、本来の目的の教育ではないということになります。最終的に自分が教育を受ける場合は、自分がそのレベルの姿になるということが一番の重要な目的地点になるので、最終的な目的地点がしっかりと理解されていて、初めて教育の意味があるということになります。しかし日本の場合には、義務という面が強いので望みということをもう少し強調すべきではないかとも感じます。

お薦めサイト

Copyright (C)2017幼児教育はいつからがよいか.All rights reserved.