幼児教育はいつからがよいか

子どもの教育を考えるときに、一律に教育という画一的なイメージを持ってしまい、例えば義務教育を受けさせれば良いということで考えてしまうということが多いように考えてしまいます

幼児教育はいつからがよいか

教育の目的の個別の実現

子どもの教育を考えるときに、一律に教育という画一的なイメージを持ってしまい、例えば義務教育を受けさせれば良いということで考えてしまうということが多いように考えてしまいますが、その実体は、となると、それぞれの個性を無視した教育になっているというのが現実です。個人でも早咲きの人もいれば、遅咲きの人もいますし、勉強が得意な人もいれば、技能が得意な人、またその他の得意な人もいます。それをすべて大学を目的に進ませるという今の状態は、一定の効果はあるとしても、はじき出される人たちが相当数出てくるということになりますし、実際のそうなっています。教育とは知識を増やすだけではなく、人間性を育てたり、技能を習得させたりするのが目的です。

そして親の教育の大きな部分は、子供が世の中で独り立ちして生きていけるようにするということですから、それぞれの状況や個性により、身の振り方を考えてあげるというのが、親の役目です。義務教育や大学まで出してあげるから、後は好きな様に生きて行きなさいということで、巣立てる人もいれば、できない人もいます。ですので親の責任と使命は、生きていけるようにするということが、まず第一ということになります。それができないような愚かではいけないということが親に責任でもあります。

お薦めサイト

Copyright (C)2017幼児教育はいつからがよいか.All rights reserved.